2014年11月03日

バロンの闘病記録 〜2〜

【10/24(金)】
23:30頃、無事手術終了の連絡あり。

【10/25(土曜)】
朝1番で病院へ・・・

昨日までとは違い、表情が良い。
おそらく、木曜くらいからお腹が痛かったのだと思う。

バロンの大腸は2か所で腸重積を起こし、1か所は腸を整えただけで
問題なかったけれど、もう1か所の箇所では
大腸が壊死していたため、15〜20cm切ったそうです。
また、その付近で2か所小さく穴が開いていました。

腹水がたまっていたため、ドレーンというチューブで腹水を抜くため、
袋を装着したままの姿が痛々しい。

もう少し遅かったら、穴が裂けて腹膜炎を起こしていたかも。
運がいい子です。

【10/26(日曜)】
朝の面会では先生を引っ張るまでに回復。ただし、嘔吐はあり。
この時点でも絶食、絶水は続いていたので、明日くらいには水から飲ませたいと
話しがあり。

夕方の面会時、少し元気がないように思ったが、眠そうなだけかもと思い直す。

夜に、エコー検査の結果、腸重積の再発あり。の電話。
再手術をしたいとの連絡あり。

たった2日間での再発はあまりないということ。
再発をさせないように、腸を固定させる施術を行いたい。という話しでした。

5日間、飲まず、食わずで点滴しか行っていないバロンが手術に耐えられるのは
おそらく最後ではないかと思い、手術に同意。

おそらく、次に再発したら助からない・・・

23:30頃、手術の成功と麻酔からも目が覚めているとの連絡あり。

【10/27(月)】
朝、会社を遅刻することにして面会。
日曜の朝と比べると、元気がない。嘔吐もあるそうで水はまだ飲ませられないそう。
ここ2日がヤマです。と告げられる。

夕方の面会では、朝よりずいぶん元気。

【10/28(火)】
嘔吐が止まったので夕方から水を少し飲めるようになる。

元気が出てきたけどむくみが気になる。(低たんぱく症になっていることが原因)

【10/29(水)】
水を飲めるようになって、ますます元気がでてくる。
嘔吐もない。軟便だけれど、想定の範囲内との説明あり。

低たんぱく症(軽い栄養失調状態です。)を改善させるため、
離乳食のようなフードからスタート。

舐めるだけでも、嬉しそう。 水を飲めるようになってきたので、
点滴が24時間でなくなった。

【10/30(木)】
水は自由に飲める状態。
ごはんもカリカリのフードをお湯でふやかしたものを少しづつ食べている状態。

うんちが固まってきた。

口から水を飲んだり、ごはんを食べられるようになってからの回復が
目覚ましい。

自分で飲んだり食べたりするって大事なんだなぁと実感。

退院が見えてきた。(と思ったら、安心したせいで、私が風邪をひいた・・・)

【10/31(金)】
順調に回復。顔つきは元気なころと何ら変わりなくなってきた。
元気がありあまってきたらしい・・・

腹水もなくなってきたらしい。3連休の最後には帰れるかもとの話。

【11/1(土)】
腹水がなくなってきたので、袋の装着がなくなりました。
点滴もなくなりました。

本犬は元気いっぱい。帰りたそう。

嘔吐も下痢もなし(軟便)

【11/2(日】
元気がありあまって、病院ではかえってストレスが溜まって
良くなさそうなので、退院しましょう。ということになりました。

夕方退院。

再手術から1週間で退院できるとは思っていなかったので、
本当に良かった。

バロンはさっきからグッスリ寝ています。
帰ってくることができて安心したのかな??

しかし、まだ少し通院が続きます。(抜糸もまだだしね)
全快までもう少し!


ニックネーム レオママ at 20:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3757007

この記事へのトラックバック