2012年08月19日

マラセチア皮膚炎のシャンプーについて

※今日の内容は、主治医の指導のもと試行錯誤のうえ、
 私が自己流で行っているシャンプー方法です。
 参考にされる場合には、自己責任でお願いします。


先日、マラセチアによる皮膚炎は、「マラセブ シャンプー
を使用してのシャンプーが効果があるようです。

という内容をブログにしました。
その時の記事はこちら→「マラセチア皮膚炎

今日は、私が自己流でおこなっているシャンプー方法をご紹介します。

マラセブ シャンプー 」は、薬用シャンプーなので、
普通のシャンプーと、シャンプー方法が少し違っていて、
液をつけて10分ほど置いておく必要があります。
(シャンプーに添付されている、使用方法にもそのように書かれています。)


汚れ(マラセチア菌)を効率的に落とすために、私は食器洗い用のスポンジ
(もちろん新品)を半分に切ったものを、シャンプーの泡立て用として使用しています。

P1020527.JPG

↑こんな感じ。

もちろん、このスポンジで患部をこすったりはしません。
泡で足をつつむようにして、指で優しくこするイメージです。
(自分の顔を洗っている時と同じくらいの力加減です。)

スポンジを使用する前に洗顔用泡立てネットを使用してみたのですが、
ネットではシャンプーはうまく泡がたちませんでした。

スポンジを使用することで、少量のシャンプーで洗うことができます。
(薬用シャンプーは高いので・・・)

P1020530.JPG

具体的にはこんな↑感じ。
後ろ足だけの写真ですが、4本全部を洗っています。

10分置いておくのがなかなか大変なんですけどね、
指の間を丁寧に洗っているうちに、10分くらいはすぐに過ぎてしまいます。

なかなか根気がいる作業ですが、少しでも薬を減らせるならと
思って試行錯誤しています(*^_^*)


※【2012.8.31追記】
かわかす時は、タオルドライの後、ティッシュで優しくふいているのみです。
ドライヤーを使用する場合は、冷風で!
温風だと痒みが増してしまいます。



 
 

ニックネーム レオママ at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3243367

この記事へのトラックバック